ミデリスの子育てブログ

小学校は楽しい

読み聞かせでアンコール!初めて2回読んだ本「どこいったん」

今日は、長男が通う小学校に、読み聞かせに行ってきました。

何回か行ってるんで、子供たちも覚えてくれてます。

 

【関連記事】

www.miderisu.com

 

いつも持っていく本に悩むので、川端誠さんの落語絵本を持っていくことにしています。あわよくば、子供たちを落語好きにしたい。

15分の持ち時間なのですが、落語絵本1冊だと短い時は、短い絵本を持って行って、読んでいます。

今日は、その短い絵本に、子供たちの反応がすごくよくて、「もう一回みたい!」と言うので、2回読みました。

 

それが、こちら↓

どこいったん

ジョン・クラッセン作、長谷川義史訳の「どこいったん」クレヨンハウス

全編、関西弁の短めの絵本です。約3分30秒。

くまが、「ぼくのぼうし、どこいったん?」といろいろな動物に聞いていきます。

赤い帽子をかぶったうさぎが、「ぼくのぼうし、どこいったん?」と聞かれて、「し、しらんよー。とってないよー」って、すっとぼけるんです。

くまは、後で、うさぎが帽子をとったことに気づいて、うさぎの所へ行く。

そして、ぼうしを取り返すんですが、りすに「うさぎ、どこいったん?」と聞かれて、「し、しらんよー。うさぎなんて、さわってないよー」と、すっとぼけるんです。

ここで、お話は終わり。

 

うさぎ、どこいったん?

 

この、妙な感じが子供たちに受けたようです。

長男は、「ろうやに押し込められた」と言ってました。

 

さて、あなたは、うさぎがどこに行ったと思いますか?

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村