子育て

夏だ!休みだ!レジャーに行こう!夏休みの計画のたて方

こんにちは、ミデリスです。

もうすぐ、小学校は夏休みに入ります。
保育所は、夏休みなく預かってくれてたので、純粋な夏休みは初めてです。
長男は、夏休みの間は学童に行くので、家でのんびりというわけには、いかないんですが…。

夏休みの計画をたてよう

それでも、仕事が休みの日は、夏しかできないことを経験させてあげたいですね。

 仕事の予定や、学校や地域の予定を把握して、レジャーに行ける日を洗い出す

いつからいつまで夏休みなのか、登校日はあるのか、地域のラジオ体操はいつやるのか。学童の場合は、給食はいつから始まるのか、お弁当はいるのか。

仕事の休みの予定など、カレンダーや手帳に書いておきましょう。Googleカレンダーなどに入力して家族で共有してもいいですね。

強制ではありませんが、なるべく地域の行事は出たほうがいいと思います。同じ地域の子供たちと仲良くなるチャンスですよ。

プールや海に行く場合は、生理と被らないようにしたほうが楽しめますよ。

行きたい場所を話し合って、行く場所を決めよう

家族でどこに行きたいか、映画なら何を見るのか、具体的に話し合ってみましょう。

その中でいくつか決めて、先ほど決めた、レジャーに行ける日に当てはめていきます。

このとき、子供と自分の体力と相談して、日程を組みましょう。無理をすると、風邪をひいたり、翌日の仕事に響きますよ。

予算も決めるといいでしょう。行きたい場所に合わせて、交通費や食費、入場料などいくらかかるか計算します。その中で、自分たちが出せる無理のない範囲で予算を決めます。予定外に多く使うと、レジャー貧乏になりかねないので、注意が必要です。

宿題の存在を忘れずに

普段から一緒に家で宿題を見られるならいいのですが、共働きなど仕事で留守がちだと、宿題を一緒に見るのが、休日だけになってしまいがちです。

その休日もすべて出かけてしまうと、宿題を見る暇がなく、最終日に夏休みの宿題が終わっていない!!ということになりかねません。

夏休みの中間に、宿題チェックのための休日を設けるといいでしょう。

学童でも宿題をやってきてくれるみたいですが、学童でやりにくい宿題もあるので、家で見てあげる必要があります。

住宅展示場などのワークショップをうまく利用しよう

夏休みの宿題の自由工作などは、住宅展示場や、お店のワークショップを利用すると、簡単にできますよ。

有料のところもありますが、材料などをすべてそろえてくれて、その場で教えてくれるなら、とっても有意義だと思います。

先着順の所が多いので、申し込みなどはお早めに。

最後に

体調管理に気を付けて、楽しい夏休みを過ごしましょう!!

 

ABOUT ME
miderisu
ハンドメイドショップ経営中。 minne マイギャラリー 長男は小学二年生、次男は年長。